2017/12/01 07:00

ジョイマン高木のツイートが「詩的」と話題 本人に取材すると...

ジョイマンの高木さん(画像は吉本興業提供)
ジョイマンの高木さん(画像は吉本興業提供)

お笑いコンビ「ジョイマン」の高木晋哉さんのツイッターに注目が集まっている。

特に、ツイートに用いられている文学的な言葉づかいが特徴的で、ネットでは「詩的」など好意的な声が多くみられている。J-CASTニュース編集部は、本人に取材を試みた。

「不愛想に通り過ぎていく木枯らしのざわめきすら、今の僕には優しく響く...」

2003年に結成したジョイマンは吉本興業所属の高木さんと池谷和志さんのお笑いコンビ。高木さんが「ナナナナ~ナナナナ~」などと、ラップ調で韻を踏みながら踊るネタで知られる。17年秋現在、スポーツくじBIGのCMで深田恭子さんが口ずさんでいる、あのリズムだ。

高木さんのツイッターでは、番組の出演告知や営業に関してのツイートもあるが、目を引くのが文学的な内容のものだ。17年11月20日につぶやかれた、

「『ジョイマン知ってる~ていうお友達いるかな?』そう子供達に問いかけた後の沈黙が、数時間経った今でも耳に張り付いている。無愛想に通り過ぎていく木枯らしのざわめきすら、今の僕には優しく響く。温かな気配にふと足を止める。落ち葉を踏みしめながら進むヘラジカの群れが、冬の訪れを告げていた」

というツイートは、17年11月30日現在、1万1100超のリツイート、2万8000超の「いいね」が寄せられている。ほかにも、

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >