2017/12/07 20:20

桐谷美玲、サンタからもらったスーファミで「私のゲーマー人生が始まった」

舞台あいさつに出席した(左から)三木康一郎監督、佐津川愛美、清原翔、桐谷美玲、鈴木伸之、竹内愛紗
舞台あいさつに出席した(左から)三木康一郎監督、佐津川愛美、清原翔、桐谷美玲、鈴木伸之、竹内愛紗

 女優の桐谷美玲(27)が7日、都内で映画「リベンジgirl」(12月23日公開、三木康一郎監督)完成舞台あいさつに出席した。

 同作は東大首席卒業、ミスキャンパス・グランプリに輝くも性格ブスな宝石美輝(桐谷)が、失恋のリベンジを果たすために総理大臣を目指し、選挙へまい進するストーリー。クリスマスを意識した緑色のロングドレス姿で登場した、桐谷は「みなさんの背中を押せる作品になっていたらいいな」と意気込んだ。

 MCからクリスマスの思い出について聞かれると、鈴木伸之(25)は「当時付き合っていた彼女とクリスマスイブにイルミネーション見に行ったらめちゃくちゃ混んでて、ケンカになってそのまま別れちゃいました」と切ない過去を告白。一方、桐谷は「小学生の時にスーパーファミコンをサンタさんからもらった。そこから私のゲーマー人生が始まりました」とし、会場を笑わせた。

 桐谷の妹役を演じた、竹内愛紗(16)は、同作が銀幕デビュー。「今年からお仕事を始めさせていただきました。このような大きな舞台に立たせていただいてうれしく思っています」と初々しく語った。先輩・桐谷の最強エピソードについて「仕事とそうじゃない時のオンオフがすごい」。MCから「具体的に」と求められると、緊張して言葉の出ない竹内を桐谷が「白目むいて寝てるよね」と自虐ネタですかさずサポート。映画以外でもまるで姉妹のような一面を見せた。

 この他に、清原翔(24)、佐津川愛美(29)、三木康一郎監督(47)が登壇した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >