2017/12/08 08:00

みやぞんは高校野球1年生からエースで4番…生活苦も支えてくれた母に感謝

1年生からエースで4番をつとめた高校生時代のみやぞん(C)TBS
1年生からエースで4番をつとめた高校生時代のみやぞん(C)TBS

 8日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜・後8時57分)で、お笑いコンビ「ANZEN漫才」みやぞん(32)を特集する。

 みやぞんは、今年のテレビ出演数400本以上、その独特のキャラクターとどんな挑戦でもクリアしてしまう脅威の身体能力で子どもから大人まで大人気。2017年の“顔”となった。番組では、みやぞんのにわかに信じがたいマンガのような伝説人生を徹底取材し、検証しながら紐解いていく

 みやぞんは小学5年生の時、忍び込んだ運送会社の倉庫に置いてあったサンドバックで遊んでいると、元チャンピオンの社長に強烈なパンチ力とセンスを見込まれキックボクシングの道へ。そのまま5年間キックボクシングに励んだ。

 当時ゲームセンターのパンチングマシーンで216キロを記録。中学生の時は一度もケンカしたことなどなかったみやぞんだったが、その強烈なパンチ力のおかげで、地元周辺では“裏番長”と呼ばれていたほど。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >