2017/12/11 12:34

「陸王」松岡修造の「社長役」、意外にも絶賛の声! 演技力は「家柄」のおかげか

いつもは熱血イメージだが…(2015年4月撮影)
いつもは熱血イメージだが…(2015年4月撮影)

役所広司さん主演のドラマ「陸王」(TBS系)に、スポーツキャスターの松岡修造さん(50)が出演し、その演技が話題になっている。

松岡さんが演じるのは、アメリカのアウトドアメーカー「Felix(フェリックス)」の社長、御園丈治(みその・じょうじ)。主人公がひきいる足袋メーカー「こはぜ屋」に、買収交渉を持ちかける役どころだ。

ツイッター「演技すげえうまいなー」

2017年12月10日の第8話では、こはぜ屋の技術力をとうとうと語り、役所さん演じる「こはぜ屋」社長、宮沢紘一を口説くシーンが放送された。熱意にほだされた宮沢が、御園に「前向きに話を進めたい」と伝える場面になると、ツイッターでは、

「演技すげえうまいなー」
「演技がうまい。社長っぽいし」
「修造が意外と演技上手くて驚いた」

といった、松岡さんの演技力を評価するツイートが続出した。

いつもの熱血イメージをおさえ、落ち着いた口調での演技とあって、ツイッターでは「松岡修造」が「トレンド」に入った。「ちょっと滑舌が悪い気がする」「最後の悪そうな顔だけはちょっとヘタだったかなw」といった声も一部あったが、おおむね好評なようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >