2017/12/13 14:31

(フジテレビ系)「毒母」多かった今年のドラマ 井上真央、笑顔でラスト迎えて

大きな声では言えないが、今期のドラマ、実は何気にフジテレビが面白かった。浅野忠信・神木隆之介の「刑事ゆがみ」に、昨今、潔癖症キャラでバラエティをざわつかせている本郷奏多の「ラブホの上野さんSeason2」、ぼっちの大学生が女子高生の中に入る一風変わった男女入れ替わりモノ「ぼくは麻理のなか」、FOD×dtv共同製作ドラマ、野島伸司脚本「パパ活」は、これを月9にすればよかったのに、と思ったほど。そして、もっとも気合を入れて見ているのが、この井上真央主演「明日の約束」(カンテレ制作)だ。

井上真央演じる高校のスクールカウンセラー藍沢日向(あいざわ ひなた)が、不可解な死を遂げた生徒の死の真相に迫るミステリー部分と、実は彼女自身が過干渉な母(手塚理美)とのいびつな関係に悩むという二重仕掛けになっている。

振り返ってみると、今年は"毒母"が目立った。「娘をやめていいですか?」(NHK総合)「過保護のカホコ」(日本テレビ)、そしてこのドラマ。「娘をやめて~」の斉藤由貴、「カホコ」の黒木瞳、「明日の約束」の手塚理美と、自殺した生徒の母・仲間由紀恵、4人の毒母の中で誰が一番怖かったか、とアンケート調査してみたい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >