2017/12/25 14:33

「紅白」は「歌合戦」でなく「特別枠」に注目 安室と桑田以外は「並みクラス」なのか

安室奈美恵さん(C)FAMOUS
安室奈美恵さん(C)FAMOUS

「いつの頃からか『歌合戦』よりも『特別枠』の方が注目されるようになってしまった」。NHK紅白歌合戦の出演者をめぐる「盛り上げ方」に、違和感が抱かれている。

2017年末の紅白は安室奈美恵さんや桑田佳祐さんの特別出演が発表され、大きな注目を集めているが、芸能ジャーナリストの渡邉裕二氏は「本来の主役であるはずの出場歌手の存在が薄らいでしまう」と危惧。出演順についても、安室さんの直後に歌うのは「リスクが大き過ぎる」と主張した。

「本来は『歌合戦』が基本コンセプト」

渡邉氏はブログメディア「BLOGOS」に2017年12月25日、「『紅白』の本来の主役は?」と題して寄稿。安室さんや桑田さんの紅白出演について「『視聴者の期待に応えた』ことは確かだ」とまず一定の評価をしている。

NHKは11月16日に紅白出演者を発表したが、約1か月後の12月19日に安室さん、22日に桑田さんが、紅・白組いずれにも属しない形で特別出演すると相次いで発表された。18年9月限りで引退する安室さんや、17年度前期朝ドラ「ひよっこ」の主題歌を担当した桑田さんの「サプライズ」は驚きを持って伝えられた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >