2017/12/26 18:27

貴乃花「厳罰」検討に疑問 業務停止なら「親方最大の侮辱」に

両国国技館
両国国技館

元横綱・日馬富士の暴行事件で、被害者である貴ノ岩の師匠・貴乃花親方に「業務停止」処分が下る可能性があると一部で報じられたが、あり得るのだろうか。「減給」処分の八角理事長や横綱・白鵬より厳罰ということになる。

仮に業務停止となれば、弟子の稽古の指導ができなくなる。このような状態は、親方稼業にとって「最大の侮辱」だという見方もある。

「八角理事長のように『報酬減額』で終わらせるのではないか」

日本相撲協会側は、貴乃花親方が巡業部長でありながら暴行の報告義務を怠ったことや、弟子の貴ノ岩の聴取を複数回拒んできたことを問題視。スポーツ報知が2017年12月26日付で報じた協会関係者の話によると、20日の臨時理事会時点で貴乃花親方は「業務停止」処分とする見通しだったが、親方への聴取ができておらず先送りされた。25日に聴取が実現したことで28日の臨時理事会で処分が決まる見通しとなっているが、同日の臨時評議員会次第ではより重い「降格」となる可能性もあるという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >