2017/12/29 14:47

渡辺麻友、紅白リハーサルでこみ上げた想い マイクを置いたそのときに...

リハーサルでマイクを置く渡辺麻友さん。転落防止のためにステージには仕切りが置いてある
リハーサルでマイクを置く渡辺麻友さん。転落防止のためにステージには仕切りが置いてある

大晦日恒例のNHK紅白歌合戦のリハーサルが2017年12月29日、東京・渋谷のNHKホールで始まった。この日は本番用の衣装を着ずに行う「音合わせ」と呼ばれる段階で、午前中にはAKB48らが登場した。

AKBは視聴者の投票で披露する楽曲3曲を決めることになっており、リハーサルは抽選で3曲を選んだ。「1位」は紅白を最後にAKBを卒業する渡辺麻友さん(23)の最後のセンター曲「11月のアンクレット」(2017年)で、渡辺さんは「最後に歌って11年間のAKB人生に幕を下ろしたい」と本番でのランクインに期待を寄せていた。

「ほねほねワルツ」ランクインは「いじられてるかも」

くじは総監督の横山由依さん(25)が引き、決選投票に残った10曲から「大声ダイヤモンド」(2008年)、「ほねほねワルツ」(2007年)、「11月のアンクレット」を引き当てた。

「ほねほねワルツ」は発売時のメンバーが全員卒業しており、骨模様のタイツ姿で歌うという楽曲だけに、「シュールすぎる」と話題になった。横山さんは

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >