2018/01/03 22:30

野村克也、25年越しの謝罪 「俺以外の監督なら絶対に記録を残した」はずのスライダーの天才、伊藤智仁を前に

野村克也氏が伊藤智仁氏に謝罪した(画像は野村氏の公式サイトから)
野村克也氏が伊藤智仁氏に謝罪した(画像は野村氏の公式サイトから)

野村克也氏が、ヤクルトの監督時代に特別に目をかけながら選手生命に関わる故障の責任を感じ続ける「投手」に、25年越しに謝罪した。2018年1月3日放送の「消えた天才 一流アスリートが勝てなかった人 大追跡」(TBS系)で、長年の時を超えて顔を合わせた。

謝罪の相手は伊藤智仁氏。野村氏が松井秀喜氏以上に才能を買い、「天才」と褒めたたえた投手だったが――。

「稲尾(和久)か伊藤智仁か」

1992年のドラフト会議、首脳陣が1位指名を「松井秀喜」一択とする中で、監督の野村氏だけは「伊藤智仁」を選ぶとして譲らず、スカウトとケンカの末に伊藤を獲得した。番組で「稲尾(和久)か伊藤智仁か。こういうのを天才という」と当時を振り返った。

伊藤氏はルーキーの93年、並外れたスライダーを武器に1試合16奪三振のセ・リーグ記録をつくるなど三振の山を築いた。2か月半で防御率は驚異の0.91だった。

だがシーズン中盤、すっぽ抜けた1球が端緒で肘を故障。現在の先発投手より1.5倍ほど多い球数を投げていたのが祟ったとされる。痛みを抱えながらも野村氏はこの試合、続投を指示していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >