2018/01/04 15:58

池坊議長、マスコミへ不満連発 「貴乃花解任」会見で「揚げ足とるのでなく」「事実関係を明確に」

貴乃花親方(画像は貴乃花部屋の公式サイトから)
貴乃花親方(画像は貴乃花部屋の公式サイトから)

元横綱・日馬富士の暴行問題で、日本相撲協会の臨時評議員会は2018年1月4日、貴乃花親方を「理事解任」とした。

池坊保子議長は評議員会後に会見の場を設け、騒動の終結にはマスコミの「協力」が不可欠だとし、注文や批判を交えながら再三に渡る「お願い」を述べた。

理事解任は初

貴乃花親方の理事解任をめぐっては、17年12月28日の臨時理事会で、理事の解任を評議員会に提案することが全会一致で決定。今回の評議は、それを受けて開催された。

臨時評議員会は、外部の有識者4人と力士出身者3人の計7人で構成され、議長は元文部科学副大臣の池坊保子氏。

決定は理事会同様、全会一致(議長は除く、欠席2人)で理事解任となり、貴乃花親方は理事から役員待遇委員へ2階級降格となった。強制的に理事職を外されたのはこれが初となる。

ただし、18年2月の理事候補選挙に立候補すれば同親方の当選は確実とみられ、実質的に処分期間は1か月程度にとどまることになる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >