2018/02/01 12:00

殴り倒され、へらず口叩かれ・・・カッコ良くない「お父さんキムタク」微笑ましい<BG~身辺警護人~第1回、第2回>(テレビ朝日系)

第1回の群衆の中の危機は既視感があって、「どこかで見たのとそっくりだぞ」と物足りなかったが、第2回の「裁判官の妻の逃避行」は面白かった。裁判官の行永辰夫(田中哲司)が判決を出す直前、警察が守れない妻・亜佐美(大塚寧々)の警護を頼まれるボディーガードの島崎章(木村拓哉)と菅沼まゆ(菜々緒)。

堅物の夫との窮屈な毎日から逃げ出したい亜佐美は買い物や美容院と2人を引っ張りまわした挙句、ふっといなくなる。夫に隠れて会っていた不動産会社の若い男が世話してくれたトランクルームに、夫から禁じられているド派手な靴やバッグをため込みストレスを吐き出す。ところが、この不動産屋は行永が判決を出して、その結果自殺した女の夫だった。亜佐美、危うし・・・。

筆者の知人の夫はメディアでも有名だった元裁判官である。この物語の行永同様、超堅物で、妻にも身を律することを求めていた。このドラマの亜佐美の鬱屈は良く描けていると思う(脚本・井上由美子)。武器を持たないBGの島崎は、毎回ヘロヘロになるほど犯人に殴られ、中年の木村拓哉が足を引きずり、生意気盛りの中学生のクソガキ息子にはへらず口を叩かれ、まるでいいことがない。

木村は相変わらずキムタク丸出しだが、息子との会話で、私生活でも「お父さん」の木村が顔を出していて微笑ましい。上川隆也、江口洋介、斎藤工と主役級を脇に従えて、テレ朝の肝入りぶりには驚かされる。(放送2018年1月25日21時~)

(黄蘭)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >