2018/02/07 15:31

<海月姫>(フジテレビ系) 原作ファンをがっかりさせない再現率!芳根京子、内田理央・・・オタクたちのキャラ立ち楽しい

今期の月9は東村アキコ原作「海月姫(くらげひめ)」である。クラゲを愛しすぎてしまった『クラゲオタク女子』が女装美男子と知り合い、新しい自分に目覚めていくラブコメだ。

すでにアニメ化、映画化もされており、映画版で能年玲奈が演じたヒロイン、倉下月海には芳根京子が起用された。ヒロインと三角関係になる鯉渕兄弟は、女装美男子の兄・蔵之助を瀬戸康史、童貞エリートの弟・修を工藤阿須加が演じている。

朝ドラ「べっぴんさん」で残念な脚本にも関わらず、最後までよくやりきったと芳根の演技力の評判は上々で、その後、TBS日曜劇場「小さな巨人」を経て、今回、月9初主演ときた。

エロふわボディの泉里香が残念

漫画原作ということで、どうしても原作と比べてしまうが、再現率はなかなかのもの。ヒロイン月海が暮らす男子禁制アパート雨水館のオタク住人(通称尼~ず)も、枯れ専ジジ様(木南晴夏)、鉄道オタクばんばさん(松井玲奈)、三国志オタクまやや(内田理央)、和物オタク千絵子(富山えり子)と、それぞれキャラが立っていていい感じだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >