2018/02/14 21:31

「ミスター・ナンバー2」は汚名? 荻原健司の銀・渡部へのコメントに曽根アナが完璧フォロー

渡部暁斗が銀メダルを獲得した(写真はイメージです)
渡部暁斗が銀メダルを獲得した(写真はイメージです)

平昌五輪ノルディック複合個人ノーマルヒルで、解説の荻原健司氏が放った言葉に実況・曽根優アナウンサーの「返し」が見事だと称賛された。

2018年2月14日の同種目では、渡部暁斗がソチ五輪に続き2大会連続の銀メダルを獲得した。その時、中継したNHKの放送席でなされた会話とは――。

「いやいや、ナンバーツーは汚名ではありませんね」

前半のジャンプを3位で折り返した渡部は、同5位のエリック・フレンツェルと後半のクロスカントリーで熾烈な優勝争い。最終盤のスパートで一歩及ばなかったが、銀メダルに輝いた。2人はソチ五輪に続くワンツーフィニッシュだった。

中継で解説した荻原健司氏(92年アルベールビル五輪、94年リレハンメル五輪でいずれも団体金メダル)は、「2大会連続の銀メダル、渡部暁斗君、これは立派なものですよ。4年経ってもこの2人というのも本当にすごいことですよ。良い戦いを見せてもらったなと思います」と健闘を称え、「私は解説しながら感動してしまっています」と興奮気味に話した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >