2018/02/15 11:47

【劇評・歌舞伎】二月大歌舞伎・昼の部「暫(しばらく)」(東京・歌舞伎座)

「暫」で圧巻の存在感を披露した市川海老蔵 C松竹(歌舞伎座で)
「暫」で圧巻の存在感を披露した市川海老蔵 C松竹(歌舞伎座で)

 「劇評・歌舞伎」と大上段に構えてみたが、正直に自己申告すると、私は歌舞伎の素人である。昨年、サブ担当を拝命したものの、生涯通算で10公演ほどしか見たことがない。

 ただ、わずか10公演ではあるけれど、強く惹かれる世界だと既に実感している。同じく日本の伝統文化である将棋を担当している影響なのか、ただ単純に日本人の血によるものなのかは不明だが、ああ、この世界をちゃんと見つめてみたい、と願う対象になっている。

 新米の歌舞伎担当記者が書き手として出来ることは、たったひとつしかない。自分と同じように、歌舞伎の世界に触れたことのない人、興味はあるけれど一歩を踏み出せないような人に向けて「コレ、面白かったですよ! 初心者でも楽しめましたよ!」と発信することである。

 そのような作品はないだろうか…と思いながら観劇してきて、ついに「やっと会えたね」と思えたのが本演目である。

 「二月大歌舞伎」は今月1日が初日で、25日に千秋楽を迎える公演。松本幸四郎改め二代目松本白鸚、市川染五郎改め十代目松本幸四郎、松本金太郎改め八代目市川染五郎の高麗屋三代の2か月目の襲名披露公演だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >