2018/02/24 17:28

日本カーリング女子の底力 勝負のポイントは...

平昌五輪のカーリング女子日本代表は英国との3位決定戦を行う(写真はイメージです)
平昌五輪のカーリング女子日本代表は英国との3位決定戦を行う(写真はイメージです)

平昌五輪カーリング女子の日本代表・LS北見は2018年2月23日の準決勝で延長戦の末7-8で韓国に敗れ、銅メダルをかけて24日夜の3位決定戦・英国戦に回る。

韓国戦では第1エンドに3失点してしまったことが最後まで尾を引いた。今大会の日本チームの戦いぶりを検証すると、英国戦もこうした「ビッグエンド」(3点以上のエンド)を作らせないことが1つのカギになる。

「3点取られたところから、よく粘った」

韓国の後攻で始まった第1エンド。3失点で終えると、テレビ解説した石崎琴美氏(02年ソルトレーク五輪・10年バンクーバー五輪代表)は「石をためていった段階で、少しずつの精度が韓国のほうが良かったです。韓国が100決めたとしたら、日本は75。その少しずつの差が出てしまいました」と分析。「韓国はリード(1・2投目)とセカンド(3・4投目)の組み立てが良い。最後のスキップ(7・8投目)までつながっています」と精度の高さに触れている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >