2018/02/26 21:18

本番2週間前ダブルアクセル飛べなかった羽生 コーチが明かした「奇跡の瞬間」

羽生結弦(2014年4月撮影)
羽生結弦(2014年4月撮影)

羽生結弦はケガ明けの2018年1月の時点で「ダブルアクセルも失敗ばかりだった」という。2月26日放送の「NHKスペシャル『金メダルへの道 逆境を乗り越えて』」で、羽生のジャンプ専門コーチ、ジスラン・ブリアン氏が明かした。

平昌五輪まで1か月の状況で苦しんでいた羽生。復活のきっかけは、1回転多い「トリプルアクセル」だった。

「いつもは練習しないダブルアクセルは失敗ばかりでした」

ブリアン氏は2月16日のショートプログラム、17日のフリースケーティング両方のキス&クライで、羽生の隣に座って喜びを分かち合っていた人物。17年11月の右足関節外側靭帯損傷のケガから、4回転ジャンプを跳べるようになるまでの羽生を指導してきた。

番組ではケガ明けで練習を再開した1月上旬の様子から明かした。この時は右足に痛みが残り、まだジャンプは跳べなかったという。ブリアン氏は「練習再開1週間で3回転や4回転ジャンプを簡単に跳べると思っていましたが、そうではありませんでした。ジャンプ練習の再開を待てば待つほど五輪が近づき、不安が増していきました」と当時の心境を明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >