2018/03/02 13:06

ネリの体重批判は後出しじゃんけん 格闘家・青木真也「嫌なら戦わなければいい」

画像は日本テレビ公式サイトより
画像は日本テレビ公式サイトより

「リングに上がったら条件は一緒」――。総合格闘家の青木真也(34)が、体重オーバーで批判に晒されているボクシングのルイス・ネリ(23)を擁護するツイートを連投している。

ネリは2018年3月1日、WBC世界バンタム級王座決定戦で山中慎介(35)に2回TKO勝ち。だが、ネリは前日計量に失格し、体重的に有利な状態で試合に臨んでいた。ネット上などでは、元王者のこうした姿勢を問題視する声が相次ぐ騒ぎとなっている。

山中は現役引退を表明

試合は終始ネリのペースで進んだ。山中が1回に1度、2回に3度ダウンし、2回1分3秒でTKO負け。試合後、山中は現役引退を表明した。

こうした一方的な展開を生んだ可能性の1つだとして、ボクシングファンの間で物議を醸しているのが2人の「体重差」だ。

バンタム級は53.5キロが上限。山中は前日計量を53.3キロで一発クリアしたが、ネリは55.8キロと大幅にオーバー。同日の2回目も54.8キロでパスできず、この時点で王座は剥奪に。しかし、1日のタイトルマッチは王者空位のまま決行された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >