2018/03/29 20:36

貴乃花の「告発」、取り下げで「一件落着」? やくみつる「吟味し直す必要あり」

やくみつる氏(2016年9月撮影)
やくみつる氏(2016年9月撮影)

貴乃花親方は「委員」から「年寄」への2階級降格が決定し、一連の騒動は収束した雰囲気もあるが、大相撲界の問題は終わったといえるのか。

かつて力士暴行死事件の再発防止検討委員会で外部委員だったやくみつる氏は、「内閣府に告発した事柄を、いくら取り下げたとはいえ、吟味しなおす必要が八角内閣にはあろうかと思います」と、貴乃花親方が日本相撲協会のガバナンスの問題を指摘した「告発状」の検証を求めた。

「我々と一致団結して相撲協会を良くしていくため、力を尽くしてほしい」

相撲協会は2018年3月29日の理事会後に会見を開き、八角理事長が貴乃花親方の降格処分の理由を読み上げた。

「三月場所において初日に欠勤届を出さず、無断で欠勤したのに続き、何度も役員室に出勤するように求めたにもかかわらず、その要請を無視して中日(8日目)まで正当な理由もなく欠勤を続けました。この行為は協会員規則に定められた職務専念義務に違反し、懲罰規定の改善の催告をしたにもかかわらず、これを拒否もしくは無視したときに当たります。また、貴乃花親方は(弟子の十両)貴公俊の暴力の監督責任もあります」

同席した鏡山危機管理部長も説明。「降格は重い処分ですが、親方としての仕事はすべてできます。弟子の指導もできます。親方自身、(28日の)年寄総会で『深く反省しています。ゼロから出直します』と話しています」とし、

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >