2018/04/05 16:57

古市憲寿「このニュースで悲しいなと思うのは...」 たけし独立騒動で「未来ない」「高齢化」

ビートたけしさん(2015年撮影)
ビートたけしさん(2015年撮影)

ビートたけしさん(71)の「オフィス北野」独立騒動は、事務所の森昌行社長(65)と「たけし軍団」との主張が激しくぶつかり合う展開となり、社会学者の古市憲寿氏は「オフィス北野に未来がなさそう」と行く末を憂慮した。

たけしさんは事務所の売り上げの8割をたった1人で上げていた。屋台骨を欠いたうえ、「たけし軍団の方々は高齢化が進んでいる」と古市氏は指摘している。

軍団が声明、社長は週刊誌で反論

森社長は週刊新潮2018年4月5日発売号(12日号)で、たけしさん独立をめぐる「軍団の行動は看過できません」として、「たけし軍団一同」が1日に公表した声明文に反論した。

声明文では、森社長ら役員報酬があまりに高額だと指摘があるが、森社長は「私はやるべきことをやっているという誇りもあり、傲慢に思われてしまうかもしれませんが、金額は決して法外に高いとは思わない」と、たけしさんに説明したと主張。声明文で、マネジャーら従業員の給与も高額だとされている点は、「経営が上手く行き、黒字が出ている時はなるべく従業員への給与・賞与を多くし、それが従業員のモチベーションにもつながる」との考えによるもの。それは「1994年のたけしさんのバイク事故で得た大きな教訓は、この業界はいつ何が起こるか分からないというものでした」と、経験にもとづくものだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >