2018/04/06 15:22

松坂大輔は復活?微妙? ほぼクオリティスタートも...評論家の見方は

松坂大輔の登板は、新聞各紙が大きく扱った
松坂大輔の登板は、新聞各紙が大きく扱った

中日・松坂大輔は2018年4月5日、実に4209日ぶりに日本のマウンドで先発、巨人相手に健闘したものの2-3で敗戦投手となった。

5回3失点の内容で、ほぼクオリティスタート(6回以上、自責点3内)。ネットでは「全然いけるやん!安心したわ!」など「松坂復活」の声があがるなか、プロの評論家にはどう映ったのだろうか。

「もっとすばらしくなる」との指摘

松坂はナゴヤドームでの中日-巨人戦に先発。EXILEのATSUSHIが作ったという登場曲が「熱い炎をまだ終わらせない」と流れるなか、大歓声を浴びてマウンドに上がった。初球は左打者の外角をついた直球でストライク。しかし、毎回安打を浴び、ランナーを背負っての投球となった。

失点したのは初回と三回。初回は2安打と四球で1失点。しかし最後はマギー、岡本を連続三振とし、最少失点で切り抜けた。

三回は、1点を失った後、2死3塁で岡本を遊ゴロに仕留めたが、遊撃の悪送球でさらに1失点となる不運もあった。結局、この1点が決勝点となり、松坂は敗戦投手となった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >