2018/04/07 15:41

「火垂るの墓」高畑監督追悼放送へ ネット「暗すぎないか!?」「平成狸合戦ぽんぽこが良かった...」

「金曜ロードSHOW!」公式サイト
「金曜ロードSHOW!」公式サイト

スタジオジブリの高畑勲監督の死去を受けて、2018年4月13日の「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)で、映画「火垂る(ほたる)の墓」が追悼として放送されると発表された。

同番組では毎年終戦記念日近くに放送されている作品で、テーマも重いため、このタイミングでの放送を残念がる声も出ている。

監督が亡くなっただけでショックなのに

「火垂るの墓」は、野坂昭如さんの同名小説が原作。第二次世界大戦末期から終戦直後の混乱期にかけて、清太と節子の兄妹が生き抜こうともがきつつ、悲惨な最期を迎えるまでを描いている。ちょうど30年前の1988年4月に、高畑監督が映画化し、宮崎駿監督の「となりのトトロ」と同時上映された。

今回の発表を受けて、ツイッターでは「見たい」といった好意的な反応が出ている一方で、なぜこのタイミングで「火垂るの墓」なのかと疑問視する人も多い。

「トラウマすぎる...」
「追悼に火垂るの墓は暗すぎないか!?」
「新年度真っ最中にわざわざ気持ちを落とす必要はないと思う。高畑監督亡くなったってだけでショックあるのにさ」

高畑監督は、火垂るの墓以外にも「おもひでぽろぽろ」(91年)や「ホーホケキョとなりの山田くん」(99年)、「かぐや姫の物語」(13年)といった作品を手掛けている。追悼放送であれば、このような穏やかな作品のほうが良いのでは、という意見だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >