2018/04/11 16:29

デヴィ夫人、レスリング問題に再び喝 協会の対応は「身内ファースト」だ

デヴィ夫人(2017年撮影)
デヴィ夫人(2017年撮影)

デヴィ夫人(78)が2018年4月10日、パワハラ問題を認め謝罪した日本レスリング協会の一連の対応について、「アスリート・ファーストとは程遠い、身内ファースト」だったとブログで批判した。

デヴィ夫人は「協会内部からの改革がない限り、 何も変わりません」とも指摘。協会の副会長を務める谷岡郁子(くにこ)・至学館大学学長ら関係者が騒動の責任を取らなければ、レスリング界は「何の反省もなく現状のままでしょう」と訴えた。

「即刻、辞任すべきです」

レスリング協会は6日、第三者委員会が栄和人監督による伊調馨選手らへのパワハラ4件を認定したことを受けて、理事会後に記者会見を開き謝罪した。栄氏は同日付で強化本部長を引責辞任している。

デヴィ夫人はこうした動きを受け、10日に「パワハラ認定 お粗末なレスリング協会」と題したブログを更新した。

記事ではまず、福田富昭レスリング協会会長や谷岡氏が、第三者委員会の調査前の段階でパワハラの事実を否定していたことを問題視。2人の過去の言動は「栄氏をかばうための 茶番劇」だったと切り捨て、

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >