2018/04/11 09:59

装いも新たに嬉しい復活 目玉おやじの声が何と初期の鬼太郎の野沢雅子、そして猫娘が超美人に変身! 〈ゲゲゲの鬼太郎〉(フジテレビ系)

ご存知、水木しげる原作の「ゲゲゲの鬼太郎」。この4月からアニメ化50周年を記念して第6シリーズがスタートした。その第2話。

キャラクターのビジュアルや時代設定は変わっても、ずっと変わらないのがおなじみのオープニング曲だ。水木しげる作詞、いずみたく作曲による名曲のオリジナルは熊倉一雄が歌った。その後、吉幾三、憂歌団、泉谷しげる、ザ50回転ズが歌い継ぎ、今回担当するのは氷川きよしだ。筆者のお気に入りは熊倉とブルース調の憂歌団のものだ。今回の氷川版はアニメの内容と氷川の明るい声がミスマッチな気もするが、そのうちこの声にも慣れるだろうか。

今回の注目はなんといっても目玉おやじの声。長年、田の中勇が担当してきたが2010年に死去。目玉おやじといえば田の中、の印象が強く、後を継ぐのはさぞややりにくかろう。いったい誰が、と思ったら、初期の鬼太郎の声を担当していた野沢雅子がつとめることに。このキャスティングは往年の鬼太郎ファンにとっては嬉しい限りだ。ちなみに、鬼太郎の声を担当するのは沢城みゆき。「ルパン三世」の峰不ニ子も増山江威子から引き継ぎ、どちらも巧い。

第2話「戦慄!見上げ入道」は猫娘が活躍するが、この猫娘がとてつもない美少女になっていてビックリ。あの刈上げはどこへ。原作とはほど遠くなってしまったが、人々が妖怪の存在を忘れてしまった現代を舞台に、どんな新しい物語を見せてくれか、楽しみ。(放送2018年4月8日9時~)

(白蘭)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >