2018/04/15 07:00

さらば!悪ガキ漣さん…お別れ会に1700人、バイプレイヤーズ4人集合「どこにでも差し込む光のような人」

野原をイメージして作られた祭壇にほほ笑む大杉さんの遺影が飾られた(カメラ・川口 浩)
野原をイメージして作られた祭壇にほほ笑む大杉さんの遺影が飾られた(カメラ・川口 浩)

 2月21日に急性心不全のため急死した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名・大杉孝=おおすぎ・たかし)さん(享年66)のお別れ会「さらば!ゴンタクレ」が14日、東京・青山葬儀所で営まれた。代表作の映画「ソナチネ」の北野武監督(ビートたけし、71)や水谷豊(65)ら参列者約700人、一般客約1000人が訪れた。多くの人に愛された名脇役の急死から2か月。喪失感は拭えず、涙の別れとなった。

 今にも大杉さんがひょっこり現れるのでは―。そんな空気感が漂っていた。野原をイメージした祭壇には、16年に長男で写真家の隼平さん(35)が撮影した優しい表情をした大杉さんの遺影が。愛用の帽子、サッカーJ2徳島の年間パスポートなども置かれた。

 会では、大杉さんが亡くなる前日まで撮影に参加したテレビ東京系ドラマ「バイプレイヤーズ」の出演者・田口トモロヲ(60)、遠藤憲一(56)、光石研(56)、松重豊(55)の4人が一列に並び、田口が代表して弔辞を読んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

テンション高く過ごせる日。遊びに仕事に全力投球。未体験の出...もっと見る >