2018/04/17 19:08

「半分、青い。」で「助けて下さい」連発 「セカチュー」パロディか?と話題沸騰

永野芽郁さん(写真は2016年4月撮影)
永野芽郁さん(写真は2016年4月撮影)

ドラマの中でその時代の流行を反映させるNHK朝ドラ「半分、青い。」。時は昭和から平成(元年)へ移り、ヒロインの鈴愛と幼なじみの律はともに高校3年へ。2人を演じる俳優陣も永野芽郁さん(18)と佐藤健さん(29)にバトンタッチした。

2018年4月17日放送の第14話では「平成ノスタルジー」を感じさせる一幕があった。律が「助けてください!」を連呼したのだ。ネットではこのシーンが大きな注目を集めることになった。

佐藤健「誰か、誰か、助けてください!」

幼い頃から「神童」と呼ばれていた律(佐藤健さん)が、高校受験で日本屈指の私立進学高校を目指していたとし、受験日当日に遭遇したある出来事について振り返った。説明役は、ナレーションの女優・風吹ジュンさんだ。

――律はその日、志望校まであと20分の歩道で、布にくるまった「あるもの」を発見。じっと見ていると、ピクリと動く。それは、まぎれもない犬だった。車にはねられたところを、誰かが脇に移動させたのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >