2018/04/21 11:30

仮釈放もあったのに平尾龍磨なぜ脱獄?生活態度には厳しい「自主・自律」の開放型刑務所

愛媛・今治市の「塀のない刑務所」から逃走した平尾龍磨受刑者は、広島・尾道市の向島に潜んでいるらしいが、13日目になる21日(2018年4月)も依然、として行方は分からないままだ。

平尾が逃げ出した松山刑務所大井造船作業場は開放型施設と呼ばれ、受刑者の再犯防止の切り札とされるものだ。塀も鉄格子も、部屋の鍵すらない。部屋の移動も自由。受刑者は一般の作業員と一緒に鉄板加工や溶接などの作業をする。そうした作業を体験して資格を取り、社会復帰につなげる。その効果は明らかで、2016年の刑法犯の再犯率は48.7%と過去最悪だったが、「開放型」ではわずか6.9%だった。

入所には模範囚というだけでなく、いくつもの条件がある。まず凶悪犯、性犯罪、放火犯、覚せい剤犯でないこと。暴力団との関係があると除かれる。45歳以下。IQが80以上。性格に偏りがない。作業意欲がある。仮釈放が見込める・・・など厳しい。

受刑者たちが自らルールを決め、毎日の反省会

平尾は仮釈放もありえた。なのになぜ脱獄したのか。ノンフィクション作家で、ここを取材したこともある斎藤充功さんは「なにか、よほどの理由があったとしか考えられない」という。施設は刑務官の監督下にはあるが、日々の生活は受刑者の自治ルールで運営されている。逃げ出す理由を見つけにくいが、ただこれまでの57年間に17件20人の逃走が起きている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >