2018/04/27 17:51

ハリル氏、胸に「くまモン」バッヂ 解任後も変わらぬ熊本への思い...県担当者も「感激」

ハリルホジッチ氏(2018年4月27日撮影)。右胸に、くまモンのバッヂがある
ハリルホジッチ氏(2018年4月27日撮影)。右胸に、くまモンのバッヂがある

サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ前監督は、解任後の2018年4月27日に開いた記者会見でも、右胸に「くまモン」のピンバッヂを付けていた。

ハリル氏は、熊本地震発生直後の16年5月に益城町などを訪問。それ以降、公の場でスーツを着用する際には、必ずくまモンのバッヂを付けて復興を願い続けてきた。不本意な解任劇を経ても揺るがぬ熊本への思いに、ツイッターには感動の声が相次いでいる。

ハリル氏「熊本県にも感謝を申し上げたい」

ハリル氏は旧ユーゴスラビア出身。現役引退後にはボスニア紛争を経験したこともあるだけに、「一刻も早く被災地を訪れ、励ますことが重要だと思っていた」(熊本日日新聞、16年5月7日付記事より)として、いち早く震災後の熊本を訪問。子供たちとサッカーで交流し、被災地を激励した。

震災後、公の場にスーツで出る際には、いつも胸にはくまモンのバッヂがあった。被災地を訪問した際に贈られたものだ。17年4月に熊本を再訪した際には、くまモンのバッヂを「ロシア(W杯)に連れて行きたい」などとコメントしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >