2018/05/04 08:00

野球のベース「堅すぎ」「高すぎ」? 大谷捻挫で日米議論に

大谷翔平選手(写真は2017年1月撮影)
大谷翔平選手(写真は2017年1月撮影)

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が、左足首を捻挫して以降で初の試合に出場し、2塁打を放つなど心配されていた捻挫の影響を感じさせない活躍を見せた。

大谷選手の捻挫が1塁ベースを駆け抜ける際に起きたことから、ベースの見直し・変更論も注目を集めている。米スポーツキャスターが変更の問題提起をしたほか、日本のワイドショーでも話題となった。

張本氏は「走り込んでないから」

2018年5月1日(日本時間2日)の対オリオールズ戦で、大谷選手は第2打席でレフト方向に2塁打を打ち、打者出場4試合連続の安打となった。4月27日(同28日)の試合で左足首を捻挫していた。

この捻挫をめぐっては、様々な見方が示された。各メディア報道によると、エンゼルスのマイク・ソーシア監督は、1塁のカバーに入った相手チームの2塁手が、ベース中央に足を置くという「不慣れ」な守備をしたため、それを避けようとした大谷選手が不自然な足運びとなり足首をひねった、との見解を示した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >