2018/05/17 12:00

海老蔵、父・團十郎さんしのぶ5年祭で長男・勸玄くんに背中で伝える5役

「雷神不動北山櫻」での市川海老蔵
「雷神不動北山櫻」での市川海老蔵

 歌舞伎座(東京・銀座)は「團菊祭五月大歌舞伎」(26日まで)で連日、盛況だ。今年は2013年に逝去した12代目市川團十郎さんを5年祭としてしのぶ公演でもある。昼の部では息子の市川海老蔵(40)が、歌舞伎十八番の3演目を含む「雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)」で5役に挑戦。夜の部は「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」で人間国宝、尾上菊五郎(75)が当たり役の弁天小僧を5年ぶりに演じるなど話題作ぞろい。2人が役への思いを語った。

 2013年2月に12代目團十郎さんが亡くなってから5度目の團菊祭。團十郎さんの「5年祭」と銘打たれた公演で、海老蔵は、父の教えをあらためて胸に刻みながら舞台に立っている。

 昼の部の通し狂言「雷神不動北山櫻」は1742年に2代目團十郎が大阪で演じ、評判を呼んだ作品。この中から「毛抜」、「鳴神」、「不動」が歌舞伎十八番に選ばれており、市川家にとって大事な作品だ。父は1996年に国立劇場で鳴神上人、粂寺弾正、不動明王の3役を演じたが、海老蔵は10年前に早雲王子、安倍清行を加えた5役を演じる新たな脚本で上演。今回が6度目となる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >