2018/05/16 15:02

貴乃花、審判なのに大歓声と拍手 北の富士「まわしつけて上がったら」

貴乃花親方(貴乃花部屋ウェブサイトから)
貴乃花親方(貴乃花部屋ウェブサイトから)

貴乃花親方の人気は健在のようだ。「一兵卒」宣言後初めて審判を務める2018年五月場所3日目の15日、館内に審判紹介のアナウンスが流れると大歓声があがった。

さらに幕内後半には、今場所初めて「物言い」のため土俵へあがると、写真に収めるファンが相次いだ。

「貴乃花親方、大歓声だね」

貴乃花親方はこの日、審判に再就任した。最も客入りが多く注目される幕内後半の勝負審判を務めた。向正面(行司が立つ方向)に座っていたため、NHKの中継でも長時間その姿が映った。

テレビ解説をつとめた北の富士勝昭氏(元横綱)は、「おっ、貴乃花親方、大歓声だね。このまま、まわしをつけて土俵に上がったらどれだけ歓声もらえるかね」と冗談めかして人気ぶりを伝えた。実際、この日の勝負審判5人が館内アナウンスで順に紹介されていくと、両国国技館の観客は貴乃花親方に大歓声と拍手で迎えた。

そして注目されたのが、前頭5枚目・勢と前頭7枚目・竜電の取り組み。行司軍配は竜電に上がったが、同体に近く、審判の藤島親方(元武双山)が手を挙げて「物言い」をつけた。貴乃花親方も、審議のために他4人の審判とともに土俵にあがったのである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >