2018/05/20 12:00

イチローかつての同僚、殿堂入り元大リーグ選手が葬儀ビジネスに転身 同僚らアンビリーバボー!

シカゴ・カブスの本拠地球場「リグレー・フィールド」
シカゴ・カブスの本拠地球場「リグレー・フィールド」

プロ野球を引退した選手の消息が報じられて注目されることがしばしばあるが、米大リーグでも同じようで、殿堂入りを果たしたアンドレ・ドーソン氏の転身ぶりが話題になっている。

氏はかつてイチローのチームメイトでもあり、米ヤフースポーツにこのほど、近況を伝える記事が掲載され、ファンらの間で郷愁を誘っている。

A・ドーソン氏、カブスで2冠

ドーソン氏は1996年のマーリンズでのシーズンを最後に現役を引退。その後、2006年から17年10月まで、同球団で社長付の特別顧問を務めながら、キャンプや本拠地の試合でコーチをしていた。ところが17年に、元ヤンキースのデレク・ジーター氏らがチームを買収して経営陣が入れ替わり、ドーソン氏もお役ご免になったもの。イチローとともにマーリンズを去ったわけだ。

ドーソン氏といえばエクスポズで1976年から86年まで、その後は92年までカブスで強打の外野手としてならし、カブス時代の87年には本塁打(49)と打点(137)の2冠王を獲得している。守備にも定評がありゴールデングラブ賞を通算8回受賞している。カブスの後はレッドソックス、マーリンズで2年間ずつプレーした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >