2018/05/22 12:24

TBS「ブラックペアン」に医療団体が続々と抗議 「あり得ないシーン」多すぎ!

「嵐」の二宮和也が主演するTBS日曜劇場「ブラックペアン」について、医療現場の描き方が「あり得ないシーンが多すぎる」という抗議が医療団体から相次いでいる。

21日(2018年5月)には日本医療機器産業連合会もホームページ上で「医療機器治験の実際について」という声明を発表、「現実と大きくかけ離れる描写があり、大変な病と闘っている患者の不信感をあおる心配がある」と指摘した。

「大変な病と闘っている患者の不信感をあおる」

ドラマは、二宮扮する大学病院の天才外科医が、加藤綾子が演じる治験コーディネーターの協力を得て、医療界の不正を暴いていく物語。治験コーディネーターとは、新薬を開発するための臨床試験に当たって医師の指示で患者をサポートする仕事だ。ところが、仕事で医師を接待したりするシーンなどがあり、初回放送後から治験関係者らの間で、「本来のコーディネーターとは違う」「患者らの誤解を生む」とする批判の声がツイッター上で相次いだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >