2018/05/28 19:31

池坊氏、日大会見をズバッと斬るも... ネットに止まぬ「ブーメラン」の声

池坊保子・評議員会議長(画像はNPO萌木の公式ウェブサイトから)
池坊保子・評議員会議長(画像はNPO萌木の公式ウェブサイトから)

「自己弁護のみで、曇りだらけ。反面教師だと思います」――。日本大アメフト部・内田正人前監督らの会見にそんなダメ出しをしたのは、日本相撲協会評議員会の池坊保子議長(76)だ。

生放送の情報番組で教育者のあり方を語ったのはよかったが、日馬富士の暴行問題をめぐる協会の対応を蒸し返されることに。「相撲協会も曇りだらけ」「『お前が言うな感』が凄くある」との反応が相次いで寄せられている。

相撲協会は「一点の曇りもない」のか

中京大学の理事も務める池坊議長は、2018年5月27日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に生出演、日大アメフト部の悪質タックル問題に持論を展開した。

「(日大の加害選手は)20歳ですよ。カミングアウトされたから、皆が知ることになったんでね、それがなかったら、自殺していたかもしれない」

池坊氏は日大選手の会見を「一点の曇りもない」「真摯に自己弁護もしなかった」と評価した一方、内田前監督と井上奨(つとむ)前コーチの会見には「自己弁護のみで、曇りだらけ」と指摘。「反面教師だと思います」と批判した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >