2018/06/02 10:00

<のみとり侍>男娼に堕ちた生真面目侍!「下手くそ!」女客に罵倒された阿部寛 懸命の床修行

阿部寛と寺島しのぶの濡れ場に興味を持てるかどうかが、この映画を楽しめるかどうかの分岐点だ。

真面目で頑固な長岡藩の勘定方の寛之進(阿部寛)は、何気ない一言が藩主の逆鱗に触れてしまい、屋敷から追放されてしまう。藩主の「猫の蚤とりでもして無様に暮らせ!」という捨て台詞を真に受けた寛之進は、その足で猫の蚤とり屋に直行。蚤とりの裏稼業が男娼とも知らず、稼業に精を出す。

とはいえ、商人や女子供にかしずかれて過ごしてきた寛之進は、客へのつくしかたがわからない。初めての客は高位な人のお妾だけれど、ずいぶんと旦那に会っていないと嘆くおみね(寺島しのぶ)だった。積極的なおみねに、寛之進は言葉を失い、フリーズ状態。きわめつけはしのぶのこの罵倒だった。「この下手くそ!」

ショックを受けた寛之進は発奮し、色男の清兵衛(豊川悦司)のテクニックを盗み、おみねに見直される。貧しいながらも労働と日銭の喜びを感じつつあった寛之進だが、摘発にあってしまう。あわや公開処刑という時に駆けつけたのは・・・。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >