2018/06/06 17:50

「もう、数字はいいんじゃないか」 「半分、青い。」北川悦吏子、視聴率に問題提起

6月3日の北川さんのツイートより(一部加工)
6月3日の北川さんのツイートより(一部加工)

2018年4月から放送されているNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の脚本を務める北川悦吏子さんがツイッターに投稿した内容が議論を呼んでいる。

「もう数字はいいんじゃないか、と思う」――90年代から現在まで高視聴率ドラマを量産したてきた北川さんの発言に様々な意見が寄せられている。

高視聴率の「女王」が視聴率を否定?

事の発端は2018年6月3日に北川さんがツイッターに投稿した、

「もう数字はいいんじゃないか、と思う。視聴率も録画率も試聴熱もツイート数もDVD売り上げも、いろんな指標がこの世にはあるし、結局計りきれないよ。人の心にどの程度届いたか、なんて。だから、自分の信じるものを作る。それでいいと思うんだ。」

というツイートだ。

北川さんは1989年に脚本家デビューし、92年に中森明菜さんと安田成美さんのW主演で人気を博した「素顔のままで」(フジテレビ系)、95年に豊川悦司さんが聴覚障害者の画家を好演した「愛していると言ってくれ」(TBS系)などを手掛けた。また、木村拓哉さん出演作を多く手掛け、93年の「あすなろ白書」(フジテレビ系)、96年に一大ムーブメントにもなり最高視聴率36.7%を記録した「ロングバケーション」(フジテレビ系)、向田邦子賞を受賞し41.3%を記録した「Beautiful Life~ふたりでいた日々~」(TBS系)などがある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >