2018/06/07 14:12

フジ女性アナ、虐待女児の「反省文」に嗚咽 肩を震わせ「5歳の子が、どんな思いでこれを...」

島田彩夏アナ(フジテレビ公式サイトより)
島田彩夏アナ(フジテレビ公式サイトより)

東京・目黒区の女の子(5)が虐待を受けて死亡した事件で、女児が生前に書き残していた両親への「反省文」を伝えた女性アナウンサーが、生放送中に目に涙を浮かべ嗚咽する一幕があった。

2018年6月6日夕の「プライムニュース イブニング」(フジテレビ系)でのことだ。番組のメインキャスターを務める島田彩夏アナ(44)が、女児が残したメッセージの全文を読み上げた直後、「すみません...」と手で口元を覆ったのだ。

「5歳の子が、どんな思いでこれを書いて...」

今回の事件で警視庁は6日、女児に十分な食事を与えなかったうえ、衰弱しても医師の診察を受けさせず死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで両親を逮捕した。各メディアが報じている。

女児は生前、覚えたての拙いひらがなで両親への「反省文」をノートに書いていた。そこには、「もうおねがいゆるして ゆるしてください」「もうほんとうにおなじことはしません ゆるして」などの切実な言葉が残されていたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >