2018/06/07 15:05

日大OB片山晋呉が「不適切対応」 「アメフトの次はゴルフか」「日大叩きはやめて」

プロアマ大会で何が?
プロアマ大会で何が?

プロゴルフの片山晋呉選手の処分が検討されている。日本ゴルフツアー機構(JGTO)が明らかにした。プロアマ大会で招待客に不快な思いをさせる、不適切な対応をしたという。

過去に5度の賞金王に輝いた大選手をめぐるニュースだけに高い注目が集まる中、片山選手が日大OBである点も話題となっている。日大アメフト危険タックル問題を思い出す人が相次いでいるのだ。

プロアマ大会で招待客が激怒

JGTOは2018年6月6日、懲戒・制裁委員会を近く開き、片山選手の処分を検討すると発表した。日本ツアー選手権森ビル杯(5月31日-6月3日)の開幕前日にあったプロアマ大会で、一緒にプレーした招待客に不快な思いをさせた、としている。

詳細な対応内容については明らかにしていないが、サンケイスポーツ(ネット版)の7日記事によると、1ホール目のプレーを終えた招待客3人は次のホールに向かったが、片山選手は同行せず、グリーンに残ってパッティングの練習を続けた。招待客らが移動を促したが、片山選手が「まだ前が詰まっているじゃないですか」などと発言したため、招待客の男性が怒り、1ホールだけでプレーを中止した。「『青木(功)会長を出せ!』と怒りが収まらない様子だったという」とも報じている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >