2018/06/15 12:53

ヤクルト、交流戦初優勝「M2」 でも最高賞金、MVPはパ・リーグの手に!?

ヤクルトファンが「やきもき」している理由
ヤクルトファンが「やきもき」している理由

ヤクルトが球団史上初の交流戦優勝を目前にしている。2018年6月14日には終盤の粘りで西武に逆転勝ちを収め、マジックナンバーは「2」に。最短で15日に交流戦首位が確定する。

しかし、仮にヤクルトがこのまま優勝を果たしたとしても、最高賞金1000万円とMVP選出の栄誉は他球団に渡ってしまう可能性があるという。えっ、ソレってどういうこと――!?

MVPはオリックスから!?

そのカラクリは、15年に変更された交流戦の表彰ルールにある。前年までは、交流戦の優勝チーム(最高勝率球団)から決めていたMVPが、「勝ち越しリーグ」の1位球団から選ばれるようになったのだ。

つまり、ヤクルトが交流戦で優勝したとしても、最終的にセ・リーグが勝ち越しを決めていなければ、MVPはパ・リーグ内の交流戦1位球団(14日時点ではオリックス=総合2位=)から選ばれるというワケだ。

賞金についても同様だ。

過去は優勝チームに3000万が贈られていたが、15年からは総額2500万円を勝ち越したリーグに上位から順に分配(1位1000万、2位500万、3位400万円、4位300万、5位200万、6位100万)する決まりとなった。それとは別に、最高勝率を記録したチームに500万円が贈られる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >