2018/06/15 14:07

「米朝トップ交渉」初会はあんなものか?早くも行き詰まりか?日米の元「対北ネゴシエーター」が分析

北朝鮮の非核化についての具体策がないまま、第1回目の米朝首脳会談は終わった。トランプ大統領は「時間が足りなかった。1時間しかない。具体的なプロセスはこれからだ」と釈明した。

かつての6か国協議で日本の代表を務めた佐々江賢一郎・前駐米大使は「共同声明には批判もあると思いますが、首脳レベルで初めて会談をして、お互いに生身の人間として話をし、知り合い、相手が何を考えているか、相手の決意は何か、直接知る機会になったのは重要です。スターティングポイントとしては、こういうものだと思います」と一定の評価をした。

やはり6か国協議でアメリカ代表だったクリストファー・ヒル元国務次官補は、「たしかに直接会談したのは良かったと思う」としながらも、「共同声明については、いろいろ懸念はあります。北朝鮮に対しては、(非核化の)具体的な内容になることが必要でした。具体的なことがなく、これをもとに先に進むことはできないと思います。ポンペオ国務長官がすでにこの地域を訪問し、関係者といろいろな話し合いをしています。それにかかってきます」と見る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >