2018/06/19 14:59

楽天・梨田前監督、地震との「奇妙な因縁」 「偶然もこれだけ重なると...」

梨田昌孝さん(画像は東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイトより)
梨田昌孝さん(画像は東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイトより)

大阪北部で2018年6月18日に発生した地震を受けて、思わぬ形で注目を集めた人物がいる。プロ野球・楽天ゴールデンイーグルスの監督を16日に辞任した梨田昌孝さん(64)だ。

きっかけは、梨田さんと地震をめぐる「奇妙な因縁」。これまで、梨田さんがプロ野球の監督を就退任した年には、必ず震度6以上を観測する地震が起きているのだ。これにはネット上でも、「偶然とはいえ笑えない...」との複雑な反応が相次いでいる。

「偶然もこれだけ重なると...」

梨田さんは、近鉄バファローズなどで強肩強打の捕手として活躍。打席で両腕をブルブルと震わせて投手の球を待つ独特の「こんにゃく打法」でも知られた。引退後は、近鉄や日ハム、楽天の3球団で監督を務めた。

いまネット上で注目を集めている梨田さんと地震の「奇縁」は、次のようなものだ。

梨田さんが近鉄の監督に就任したのは2000年。この年は、マグニチュード(M)7.3を記録し、最大震度6弱を観測した鳥取県西部地震が10月6日に起きた。その後も、梨田さんが監督に就退任する年には、以下のように大きな地震が発生している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >