2018/06/20 12:53

小西洋之議員、W杯絡め「安倍政治は罪深い」 「意味不明」「関係ないでしょ」の声

小西議員(17年10月撮影)
小西議員(17年10月撮影)

参院会派「立憲民主党・民友会」の小西洋之(ひろゆき)参院議員のツイートに注目が集まっている。

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本対コロンビア戦に絡め政権批判を展開したが、論理の趣旨が不明だとして「オウンゴール過ぎ」といった反発が出ている。

レッドカードの場面に注目

2018年6月19日に行われた日本代表の初陣、いきなり波乱が起きた。開始3分にコロンビアの選手がシュートを腕で防いだとしてレッドカードとなり、日本はPKを獲得。香川真司選手が幸先よくゴールを決めた。

この場面に目を付けたのが小西議員だ。先制点から約1時間後、自身のツイッターで退場処分となった反則を「チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。反則は絶対悪、退場も最悪ミスだが、我が身を捨てた執念の行為」と評し、その上で

「あの瞬間に何もせず、失点承知でシュートを見送るだけの国会議員が何人いるだろうかと考えた。安倍政治は罪深い」

と書き込んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >