2018/04/06 16:58

カネの亡者はどちら? たけし退社騒動“バトル・ロワイヤル” 森社長が「週刊新潮」で猛反論、法的措置も

たけし(写真)と森社長のトラブルは、結局カネの問題のようだ(夕刊フジ)
たけし(写真)と森社長のトラブルは、結局カネの問題のようだ(夕刊フジ)

 「これから、みんなで殺し合いをやってもらいます」と映画のせりふのごとく“殿”が言ったかどうかはしらないが、タレント、ビートたけし(71)の「オフィス北野」退社騒動は、“バトル・ロワイアル”の様相を呈してきた。5日発売の「週刊新潮」で、同社の森昌行社長(65)がたけし軍団の“裏切り者”告発に猛反論。法的措置の可能性まで示唆し、全面抗争の構えなのだ。

 どちらが“カネの亡者”なのか。互いの主張はここに尽きるようだ。

 「週刊新潮」に4ページにわたって掲載された反論では、自社株の取得の経緯の正当性など、たけし軍団が声明文で問題とした項目を一つずつ説明。

 今年2月11日にたけしの自宅であった会議では軍団から怒号が飛ぶ中、自身の持ち株を「軍団に贈与するよう迫られ」、贈与税も負担する書類に署名、捺印させられたと主張している。

 その上で「誹謗中傷を繰り返すようであれば、法的措置を考えざるを得ない事態になってしまうかもしれません」と法廷闘争も示唆。「また握手しましょうと言われても、私も人間ですから無理」と事実上の決別宣言までも。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

テンション高く過ごせる日。遊びに仕事に全力投球。未体験の出...もっと見る >