2018/04/14 17:03

【私だけが知っている女優・吉永小百合】吉永小百合、衝撃受けた高倉健さんとの出会い 俳優魂を見せつけられた極寒地の「ロケ弁」

★(5)高倉健さんとの出会い

 TBSの3時間ドラマ「海は甦える」(1977年)で共演した吉永小百合(73)と大竹しのぶ(60)。2人はこのドラマより前、75年の映画「青春の門」で共演している。

 大竹は75年のNHK連続テレビ小説「水色の時」のヒロインを18歳で演じ、爆発的な人気を得た。この番組は平均40・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という驚異的な視聴率をマークしている。

 外遊で日本を留守にされた昭和天皇が、側近に「ビデオに必ず録画するように」とお命じになったというエピソードもあるほどのフィーバーだった(余談だが、当時はまだホームビデオはなく、宮内庁では約100万円もする業務用のオープンリール式のビデオが使われていたという)。

 そんな大竹は、小百合の後を追い続ける。「水色の時」の後、事務所の移籍を考えていた大竹は落ち着ける先を探していた。やがて小百合のマネジャーだった島田智子さんと相談するようになり、最終的に島田智子事務所に入ったのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >