2018/05/08 17:03

「野球オンチ」が今や立派なカープ女子に 長編ドラマ「鯉のはなシアター」ヒロイン・矢作穂香、目指すは海外レッドカーペット

「鯉のはなシアター」をアピールする矢作穂香(夕刊フジ)
「鯉のはなシアター」をアピールする矢作穂香(夕刊フジ)

 女優の矢作穂香(21)が、出演最新作「鯉のはなシアター~広島カープの珠玉秘話を映像化したシネドラマ~」を引っ提げて、先月沖縄県内で開催された「第10回沖縄国際映画祭」に初参加。赤いワンピース姿で最終日のレッドカーペットに花を添えた。

 「鯉のはなシアター」は、広島ホームテレビと吉本興業が共同で製作した長編ドラマで、プロ野球広島の実話エピソードを交えながら、閉鎖危機にある映画館を救おうと奔走する人々を描いている。

 主演は“カープ芸人”として知られるお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(43)。メガホンは広島市出身の時川英之監督がとった。

 広島ホームテレビによると、広島エリアの上映や放送を経て全国に展開していく予定だという。

 矢作はヒロイン役で、「広島カープの話だと聞いたので、野球に詳しくない私でいいのかなっていう思いがありました」と、オファーを受けたときの心境を明かす。

 「監督は『野球に興味がないキャラクターだからちょうどいいよ』と言ってくれたんです。広島での撮影は1週間ほどでしたが、心にグッと刺さる風景と温かい地元の人たちに魅了されました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >