2018/05/08 16:58

生駒卒業コンサートの舞台裏 客席のバナナマンにファン「設楽さんが涙こらえてるのを見たら、泣けてくる」

生駒里奈(夕刊フジ)
生駒里奈(夕刊フジ)

 6日深夜の「乃木坂工事中」(テレビ東京系)で、4月22日に日本武道館で開催された生駒里奈(22)卒業コンサートの舞台裏が放送された。生駒自身で考えたセットリストに込められた思いに迫ったほか、客席で見守った番組MC、バナナマンの様子も紹介された。

 公演前のインタビューで、生駒は選曲の意図について「たくさん、ほかにも歌ってきたけど、ふるいに掛けて残ったものがこれだから。本当にやってきたことだけを最後に見せる。ちょっと面白いことをしてもいいんじゃないかなというのも含めたセットリストです」と解説。また「私の最後というのもあるけど、(20thシングルの)『シンクロニシティ』の時期でもある。“グループのために”ってやってきたからこそ、最後までそういう風にいたい」と述べ、グループにすべてをささげてきた生駒らしく意気込みを語った。

 「卒業ライブにぴったりな曲だと思った」という生駒のアイデアで、普段はラストに歌うことの多い「乃木坂の詩」から卒業コンサートはスタート。おなじみの「おいでシャンプー」「太陽ノック」、ステージで披露するのは最初で最後となった「Against」など、自身がセンターを務める楽曲のほか、「心のプラカード」などAKB48兼任時代に歌った思い出の楽曲もセットリストに盛り込まれた。「あの1年はすごく頑張ったと思います。“私、こういうことをやったんです!ちゃんと”というのを、最後にも言いたかった」と生駒。同じ秋田県出身の鈴木絢音(19)とは、AKB48で渡辺麻友(24)と歌った「でもでもの涙」をデュエット。共演相手に鈴木を選んだ理由を生駒は「秋田の土地を知っているから、ああいう場所からここに来て、今、頑張っているっていうのは、すごいことだと思うので。そういった子にスポットを当てたいと思った」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >