2018/06/09 16:58

【聖林裏表】大物黒人ラッパーのカニエ・ウエストがまた問題発言… 「トランプ大統領は兄弟だ」に続き「米国の奴隷制は選択だった」

 大物黒人ラッパーのカニエ・ウエスト(41)が問題発言で炎上している。「トランプ大統領は兄弟だ」と言い切って論争を巻き起こしている中で、新たに「米国の奴隷制は選択だった」と発言。集中砲火を浴びているのだ。

 公開されている動画によると、ウエストは芸能専門サイト「TMZ」の番組で、「400年にもわたる奴隷制は選択によるものと思われる」「400年も続いてたんだ。誰でもなく、それぞれが選択していたんだ」と主張したのだ。

 スタジオに居合わせたTMZの黒人スタッフが「(アーティストとして成功したあなたとは違って)私たちは世の中にある脅威と戦わなければならないんだ。あなたが『選択』だといった、400年も続く奴隷制によって、(黒人は)疎外感に悩まされ続けているんだ。全く失望したよ」と強い調子で反論すると、ウエストは「ごめん。傷つけて申し訳ない」と歩み寄り、ハグしてその場は収まった。

 ところが、米CNNテレビにも登場する政治コメンテーターのシモーン・サンダースは「カニエは自由に物を考える米国の黒人でもとっぴで危険な存在だ」「うんざりで、もう関わりたくもない。(こんなことを言わなければならないのは信じられないが)奴隷制はけっして選択によるものではない」とツイッターで痛烈に批判した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >