2018/06/14 16:58

【トレンドウオッチャー木村和久の世間亭事情】佐野史郎で視聴者層の“限界”に挑む フジ「限界団地」が描く老後社会

 最近、おじさん向けの番組が少ない…とボヤいていたら、まさに直球ストライクのタイトルを発見したので視聴してみました。それが6月2日にスタートしたドラマ「限界団地」(フジ系、土曜午後11時40分)です。

 定年を過ぎた初老の寺内誠司(佐野史郎)が孫娘と、ふたりで団地に引っ越して来ます。そこは寺内が幼い頃に過ごしたニュータウンでした。久しぶりに団地を覗いてみると、賑やかだった昔の面影はなく、独居老人ばかりの限界団地になっていたのです。

 シニア向け作品といえば、公開中の映画「終わった人」(舘ひろし、黒木瞳主演)も、定年後おやじの生活を描いています。救いのないタイトルのわりにはコメディータッチで、ほのぼのとした演出です。だいたい舘の奥さんが黒木って、その段階で何ひとつ不満はないと思いますけどね。

 一方「限界団地」ですが、これはホラー&サスペンスタッチの味付けをして、どんどん先が見たくなる展開になっています。ふたつのシニア向け作品は、どちらもリアルさを追求するとシャレにならないので、巧みな演出で目先を変えているのでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >