2018/07/05 16:58

「笑点の歌丸」ではなく「落語の歌丸」になりたかった 演芸評論家・渡邉寧久氏が追悼 破門されても続けた「古典派」の矜持

求道の人だった歌丸師匠(夕刊フジ)
求道の人だった歌丸師匠(夕刊フジ)

 2日、81歳で死去した落語家、桂歌丸さん。「笑点」のレギュラーとして親しまれる一方、高座では古典落語を守り続けてきた。演芸評論家・渡邉寧久氏がその芸の神髄を振り返った。

 「役目だと思っています」

 毎年4月と8月、東京・国立演芸場で落語中興の祖、三遊亭圓朝作の長講をかけることが、古典派としての桂歌丸師匠の矜持だった。約1時間の高座に挑む理由を尋ねたときの答えが、冒頭のひと言だった。

 いわゆる“圓朝もの”といわれる「怪談牡丹灯籠」「真景累ヶ淵」「塩原多助一代記」といった長講に挑むようになったのは、1994(平成6)年のことだ。

 「これをやんなさいって勧められたんです。無理だって言ったんです、できるわけがないって」

 58歳の歌丸師匠に道しるべを進言したのは、当時のTBS「落語研究会」のプロデューサーだった。

 課題は「栗橋宿」。「牡丹灯籠」の一節だ。

 「3カ月くらいかかりました。何とか形になって、オンエアされましたから合格点をもらったっていうことでしょう」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >