2017/05/22 16:55

米国の犬の保護団体が、盲目の犬とそのパートナーの盲導犬を一緒に引き取ってくれる人を募集中

    米国の犬の保護団体が、盲目の犬とそのパートナーの盲導犬を一緒に引き取ってくれる人を募集中
米国の犬の保護団体が、盲目の犬とそのパートナーの盲導犬を一緒に引き取ってくれる人を募集中
2匹の犬、バートとバブスはとても仲良し。しかし、この活発な2匹のうち1匹は、実は目が見えていない。

「約1年前、この2匹が施設に来た時、バブスは緑内障を患っていました。とても痛がっており、既に眼球を摘出せざるをえない段階でした」。米テキサス州ダラスにある犬の保護団体「DFW Rescue Me」のスタッフ、ジム・ウェンガーさんはこのように語っている。

同団体は、1年前に子犬だった2匹を保護し、育てている。目が見えないバブスは、バートを信頼しており、バートにどこでもついていくのだ。

ウェンガー氏はこう話している。「バートはバブスにとって、まるで盲導犬です。バートが部屋に入れば、バブスも入ります。バートがソファに乗れば、バブスもそれに従います。車に乗る時もそう。本当に驚きます。バブスを見ていると、目が見えていないということを忘れるくらいです」

目の見えないバブスにとって毎日は大変だが、彼女専用の盲導犬であるバートと一緒なら、何も心配はいらないのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >