2017/05/29 10:55

『ジャスティス・リーグ』ザック・スナイダー監督が家族の悲劇を受け降板、ファンがエールを送る

    『ジャスティス・リーグ』ザック・スナイダー監督が家族の悲劇を受け降板、ファンがエールを送る
『ジャスティス・リーグ』ザック・スナイダー監督が家族の悲劇を受け降板、ファンがエールを送る
DCコミックスのファンから長年厳しい批判を受けてきた監督のザック・スナイダーだが、今回は愛にあふれたコメントが寄せられている。

今月22日、自身が監督を務め、製作中の『ジャスティス・リーグ』について、ザック・スナイダーは、『THR』のインタビューで映画を降板することを発表した。今年3月、娘のオータムが自殺したことが降板の理由で、ファンからは温かいツイートが寄せられた。決して容易な決断ではなかっただろう。スナイダーは彼自身と家族がずっと苦しんできたことを打ち明けている。当時、2週間の休養を経て仕事に復帰していたが、彼自身と家族のために、監督を降りたほうがいいという決断に至った。

「私を必要としている家族、子供たちと一緒にいるために、映画を降板することを決めました」スナイダーは『THR』にこう語った。「みんな苦しんできたのです。私も苦しんできました」

ワーナー・ブラザースは映画の公開を遅らせることにも考えたそうだが、スナイダーと本作のプロデューサーの1人でもある妻のデボラは、他の誰かに任せることを選んだ。幸いにも、ジョス・ウェドンという適任者がスナイダーの後任に決まった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >